ブログ

視覚で売り上げはほぼ決まる【人間が持つ五感の大切さ】

自店舗や多店舗を評価する場合、
どのような項目で評価すべきか。

その一例に「人間の五感」を
使った評価方法があります。

皆さんは、人間がどの五感をどの程度
使って情報を集めているか、
その割合をご存知でしょうか?

色々なケースがあるので、
一概には言えませんが、一般的に

・視覚:83%
・聴覚:11%
・触覚:1.5%
・味覚:1.0%
・嗅覚:3.5%

といわれています。

視覚が80%以上です。

つまり、見た目でお店の印象の殆どが決まるという事。

この割合を頭に入れ、自店舗や他店舗を
評価してみてください。

それぞれの感覚の評価例をあげておきます。

【視覚】
店の外観・内観、メニュー写真、盛り付け
麺の湯切りパフォーマンスや炒め物の炎など

【聴覚】
店のイメージに合わせたBGM
おいしそうな調理の音(焼く/切る等)
元気な店員のあいさつ

【触覚】
食材の食感、食べ応え
箸、器、皿の食感
イスやテーブルの座り心地

【味覚】
狙ったターゲットが好む味付け

【嗅覚】
だしやスープの香り等

いくら美味しいものをつくっても
五感に訴えるものが明確になっていないとなかなか繁盛しません。

自店舗がもつ強みをとことん追求し表現してみてください。

今売れてます!

1

樋口敬洋氏と日清製粉が共同開発した小麦粉でつくる生パスタを超える生パスタ 横浜、渋谷2店、南青山、大阪に全5店舗を伸展しているあの

2

皮にもちもち感がない! 餡を包んでる最中に穴が開いた! 欲しい大きさや厚さの皮がない! そんな悩みを抱えていませんか? スーパーで食材を仕入れ、素材の旨みを活かすために丁寧に切り刻み、そして優しく混ぜ ...

3

とことん食感にこだわって作った、つるつるのワンタンの皮です。大きさ、形状が自由に選べるので他店とは一味違ったワンタン料理が可能です。こちらも全国のお店から注文&リピート続出の人気のワンタンの皮です。

4

30秒で茹で上がるモチモチの時短極細麺です。茹で時間を短縮したいけど、バリバリ麺は合わないというお店に人気の細麺です。基本的にどんなスープにも合います。細麺好きな女性にも受けの良い商品です。

チャンポン専用麺 5

角がない丸麺でつるっとした喉越しとコシのある麺です。適度な太さがチャンポンにぴったり。茹で延びに強い特徴を持っているので大盛りでも最後まで美味しく召し上がれます。

-ブログ
-

© 2020 大長軒食品工業 - 業務用ラーメン つけ麺 餃子の皮の製麺所