ブログ

お客様が店に行く理由【アピールの大切さ】

新メニューを出したが、客がなかなか来ない。

こんなにおいしいものが出来たのに、
なんで分かってくれないのだろう…

いや、きっといつか分かってくれるはず。
もう少し待ってみよう…

***数か月経過***

全く状況が変わらないな。一日数食しか出ない。
きっと、お客様に受け入れられていないんだな。
新メニューは外そう。。。

こんな経験ありませんか?

アピール下手な店長に良くある事例です。
店長の自信作なんだから売れるはずなのにもったいないですね。
(※例外は除く)

なぜ、こういう状況に陥ると思いますか?

それは、「アピール不足」の場合が多いです。

見渡せば数十件、インターネットで調べれば何万件という
ラーメン店がある中で、お客様が何をもとに
「お金・時間を使ってまで"わざわざ"食べに行く」のか。

もうお分かりですよね?
「"お客様の心を動かす"情報です」

つまり、情報発信(アピール)が上手いお店に自然とお客様が流れていきます。
極端な話、旨かろうが、不味かろうが関係ありません。アピールしたもん勝ちです。

アピールをしない受身のお店はその時点で負け。
攻めて、攻めて、攻めまくる。

さて、どのようにアピールすれば「お客様の心を動かす」事が出来るのか。
写真を一枚店内外に貼っても殆ど効果がないのは分かりますよね。

実は、効果的なアピールの方法は、自分が一番良く知っています。

例えば、自分が何かを買うとき色々と調べますよね?
分かりやすい例は電化製品。
・メーカー
・デザイン
・機能
・価格
等々。頭が痛くなるぐらい色々悩んだ後、購入を決めます。

それではここで、購入を決めた理由をノートに書いてみてください。
なぜ買ったのか。買うと決めるまでにどのような情報を得たか。

頭の中だけで考えてもまとまりません。
とにかく何でも良いので書きだして下さい。

その情報を自店のメニューに当てはめ、
アピールできそうな内容を書き出します。
基本は「小学生でもわかるくらい」分かりやすくです。

初めのうちはなかなか自分のものを客観的にみるのは難しので、
一人で悩まず周りのスタッフや友人、家族に力を借りてみてください。

アピールする内容が決まったら、次はアピールする手段です。
いまはお金をかけずに出来るいいアピール手段が沢山ありますね。
・ブログ
・ツイッター
・フェイスブック
等々。

もちろん先日話題になった某ブログの偽書き込みはだめです。
ネット上で悪いことをすれば、すぐばれますから。
※書き込んだ瞬間、ほぼ誰かを特定できます。

我々と一緒に「効果的なアピール」を考えてみませんか?

今売れてます!

1

樋口敬洋氏と日清製粉が共同開発した小麦粉でつくる生パスタを超える生パスタ 横浜、渋谷2店、南青山、大阪に全5店舗を伸展しているあの

2

皮にもちもち感がない! 餡を包んでる最中に穴が開いた! 欲しい大きさや厚さの皮がない! そんな悩みを抱えていませんか? スーパーで食材を仕入れ、素材の旨みを活かすために丁寧に切り刻み、そして優しく混ぜ ...

3

とことん食感にこだわって作った、つるつるのワンタンの皮です。大きさ、形状が自由に選べるので他店とは一味違ったワンタン料理が可能です。こちらも全国のお店から注文&リピート続出の人気のワンタンの皮です。

4

30秒で茹で上がるモチモチの時短極細麺です。茹で時間を短縮したいけど、バリバリ麺は合わないというお店に人気の細麺です。基本的にどんなスープにも合います。細麺好きな女性にも受けの良い商品です。

チャンポン専用麺 5

角がない丸麺でつるっとした喉越しとコシのある麺です。適度な太さがチャンポンにぴったり。茹で延びに強い特徴を持っているので大盛りでも最後まで美味しく召し上がれます。

-ブログ
-,

© 2020 大長軒食品工業 - 業務用ラーメン つけ麺 餃子の皮の製麺所