売上アップ

まさか、自家製麺で・・・【差別化の重要性】


製麺を仕事にしている立場からいうのもどうかと思いますが、自家製麺には賛成です。

ただし、仕入れ値削減の為だけに自家製麺に切り替えると失敗します。なぜだと思いますか?

結論からいうと、
「麺の仕入れ値は削減できるが、ラーメンを作るためのコストは倍になる」
からです。

よく、自家製麺に切り替えると「年間***万円も削減できます!」という甘い文言"だけ"に心を動かされ導入を決めてしまう方がいます。

実はこれには大きな落とし穴があります。それは、"店長自身のコスト"を忘れていること。

  • 味しい麺を作るためのレシピ作り
  • 麺を作るのにかかる時間
  • 機械をメンテナンス(調整・清掃)する時間

これらの作業はとても大変で店長の貴重な時間を奪います。

さて、店長の時給はいくらでしょう??
計算するだけでもぞっとしますね。

自家製麺で"製麺所でも作れる普通においしい麺"を作った場合、おそらく

店長のコスト>自家製麺で削減できたコスト

ということになるでしょう。

尚、自家製麺ではないお店は、製麺を専門の会社に依頼し、製麺にかかる時間をスープや具材、サービス向上のために使っています。

勘のよい店長様は、もうお気づきですよね?自家製麺じゃなくても行列ができて利益がでる理由

麺、スープ、具材、サービスの総合点を最大限高めるのに一番近い手段は何か。限られた資源(ヒト・モノ・カネ)を上手に使いこなせる店長が最後は勝ちます。

「自家製麺で普通の麺をつくっていたのでは、メリットは殆どない」

まさか、自家製麺で、「製麺所で作れるような普通の麺」を作っていませんよね?

今売れてます!

1

樋口敬洋氏と日清製粉が共同開発した小麦粉でつくる生パスタを超える生パスタ 横浜、渋谷2店、南青山、大阪に全5店舗を伸展しているあの

2

皮にもちもち感がない! 餡を包んでる最中に穴が開いた! 欲しい大きさや厚さの皮がない! そんな悩みを抱えていませんか? スーパーで食材を仕入れ、素材の旨みを活かすために丁寧に切り刻み、そして優しく混ぜ ...

3

とことん食感にこだわって作った、つるつるのワンタンの皮です。大きさ、形状が自由に選べるので他店とは一味違ったワンタン料理が可能です。こちらも全国のお店から注文&リピート続出の人気のワンタンの皮です。

4

30秒で茹で上がるモチモチの時短極細麺です。茹で時間を短縮したいけど、バリバリ麺は合わないというお店に人気の細麺です。基本的にどんなスープにも合います。細麺好きな女性にも受けの良い商品です。

チャンポン専用麺 5

角がない丸麺でつるっとした喉越しとコシのある麺です。適度な太さがチャンポンにぴったり。茹で延びに強い特徴を持っているので大盛りでも最後まで美味しく召し上がれます。

-売上アップ
-, ,

© 2020 大長軒食品工業 - 業務用ラーメン つけ麺 餃子の皮の製麺所