かんすい 有害

かんすいは体に毒?

かんすいは鹸水または視水と書きます。 中国で鹸湖から得た鹸水や鹸石、 または草木の灰汁をこして煮つめたものを 水に溶かして、小麦粉の練り水として使用したのが始まり。 日本では、明治の中頃からラーメンが食べられるようになり、 かんすいを中国から輸入して麺を製造していたようですが、 当時使用されていたかんすいに含まれる物質の中には 現在では使用できないものも使われていたようです。 現在日本で使用されているかんすいは、 炭酸ソーダ、炭酸カリ等を主成分としたアルカリ塩溶液です。 これは食品衛生法に定められた物質で ...

© 2021 大長軒食品工業 - 業務用ラーメン つけ麺 餃子の皮の製麺所